札幌グランドホテルに新設された「グランビスタギャラリー サッポロ」

札幌観光するなら札幌観光ナビ
gallery

gallery

2013年7月2日、札幌の老舗ホテル「札幌グランドホテル」本館の1階ロビーに、
アートスペースとして「グランビスタギャラリー サッポロ」が新設されました。

このギャラリーは、文化の「発信・振興・交流」がテーマとなっています。

およそ8週間ごとにアートやデザイン、工芸などの分野のアーティストの作品展示や、
ワークショップ、講演会、作品販売
などを行い、
特に札幌や北海道にゆかりのあるアーティストについて、
積極的に取り上げるという趣旨になっています。

現在は1972年開催の「札幌冬季オリンピック」のシンボルマークを制作した、
デザイナーである永井一正さんの個展として、「LIFE」が催されています。

生き物や自然との共生をテーマにした手書きのポスターが8点、
エッチング作品が16点展示されています。

今後は日比野克彦さんや内田繁さん、彫刻家の伊藤隆道さん、
文化人類学者の山口昌男さん、
五十嵐威暢さんらの展覧会スケジュールが予定されています。

アーティスト支援宿泊プラン、文化活動への寄付が付いた宿泊プランも登場する予定です。

ホテルと札幌市民の文化にどれだけのつながりが生まれるのかということが、
グランビスタギャラリー サッポロに問われることになります。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。