札幌パルコで「ピカソ愛と芸術の版画展」

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市中央区南1条西2丁目にある「札幌パルコ」において、7階の「パルコスペース7」で、
11月9日から12月2日にかけて故パブロ・ピカソの没後40年を記念した、
「ピカソ愛と芸術の版画展」
が行われています。

生涯にわたって制作されおよそ2,000点になる作品のうち、
愛をテーマにしたおよそ60点の作品が展示されています。

展示作品はすべて、北海道岩内町にある「荒井記念美術館」が所蔵しているものです。

繊細な描写力や大胆な色合いが前面に出ている作品、
下絵を使わず原版を彫って刷るという作業が重ねられた作品などといったように、
さまざまな作品を楽しむことのできる展示企画となっています。

スマートフォンアプリである「ART GnG」を利用した作品解説音声ガイドも用意があり、
評論家の山田五郎さんによる「スタンダード版」、
お笑いタレントの友近さんによる「シークレット版」があります。

「シークレット版」については、複数人物の物まねで作品が解説されています。

また、会場には、ピカソの言葉が記された三角くじも用意されていて、
入場者は持ち帰ることができるようになっているなどというように、
楽しい企画もあります。

開催時間は午前10時から午後8時までで土曜日は午後8時30分まで、
最終日は午後6時までとなっています。

入場料は一般が500円、学生が400円、小学生以下は無料です。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。