札幌中央卸売市場のセリは見学できる?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00986

sm_00986

札幌中央卸売市場では、
事前に申し込むことによってセリの様子を見学することができます。

休日以外の午前5時から午後4時まで入場することができ、
もっとも人気がある水産物部のセリは午前5時過ぎから午前6時半頃までの間に、
青果部のセリは午前6時半頃から午前7時半頃の間に行われます。

2階の見学通路から1階のセリ場で行われるセリを見学するようになっていて、
団体見学をする場合には説明案内員もつきます。

ターレットなどといった市場内を走り回っている車、
卸売業者の人がセリをリードする様子などは、通常では見られない光景です。

札幌の食を担っている市場の迫力も、感じることができるでしょう。
札幌中央卸売市場では現在、1日あたりおよそ6億円にもなる取引があるといわれています。

しかしながら、近年になってその取引額が減ってきています。

インターネット販売が普及してきていて、格安販売をしているスーパーマーケットでは、
市場を通さずに取引していることもあります。

これは、札幌だけでなく全国の卸売市場で共通している傾向となっています。

札幌中央卸売市場の敷地内には、関係者用の食堂が多く並んでいます。
見学した後に朝食を楽しむことも、市場見学の醍醐味です。

↓夕張メロン初競り2011@札幌市中央卸売市場

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。