札幌中央卸売市場場外市場で楽しもう!

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00988

sm_00988

札幌市中央卸売市場は、観光客から大変な人気があるスポットです。
場外市場も多くの店舗が軒をつらねていて、やはり観光客の間で人気があります。

全道各地から新鮮な海産物が集まる札幌中央卸売市場の南側にあり、
毎朝新鮮な海の幸や山の幸が入荷されています。

小売りの鮮魚店や飲食店関係者が商品を仕入れに来る市場であるため素材、
鮮度は大変良く、一般のお土産屋さんで購入する食材よりも安く、
質も高いことが知られています。

北海道のお土産選びに立ち寄る人も、大変多い場所です。

札幌中央卸売市場の場外市場にはおよそ70店舗があり、海産物を中心として農産物、精肉、
菓子、酒類、飲食店、弁当店のほか、場外市場内には理容店や銭湯もあります。

北の漁場」は場外最大の店舗でありカニやあわび、ホタテなどを中心として、
民芸品も取り扱われ、近辺では滞在しているホテルからの送迎もあります。

また、青果を買うのであれば「藤本青果」は定評があり、
北海道外からも取引を希望する小売店や企業、卸業者が増えています。

700種類以上のお菓子を扱うのは「丸市岡田商店」であり、
店内に喫茶店も併設されていて、お茶も楽しむことができるようになっています。

「六花亭」や「ロイズコンフェクト」のお土産も扱われていて、
驚くような安値で在庫処分が行われていることもあります。

↓【クラブツーリズム】<北海道・札幌市中央卸市場>紹介動画

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。