札幌国際スキー場の通常期間がスタート!

札幌観光するなら札幌観光ナビ

札幌国際スキー場は定山渓高原に位置していて、
市内の中心部からは車でおよそ60分という場所にあります。

道外から北海道に来たというときでも、
新千歳空港からですとおよそ100分で到着することができます。

また、たくさんのバスも運行されています。

2012年のオープンのタイミングは札幌のスキー場のなかでも早く、
11月21日からすべてのコースを滑ることができる状態になっていました。

そして12月8日から、満を持して通常期間がスタートしています。

12月13日からは1月までが2週間おき、2月から4月にかけては1週間おきに毎週木曜日が、
シニアスポーツ振興DAY』となって、
シニア・グランドシニア1日券を1,000円で購入することができます。

また、毎月に1回は『ジュニア・スポーツ振興DAY』として、
小・中学生のリフト・ゴンドラ1日券がなんと無料になります。

予約をする必要もなく、直接その日に現地を訪れれば無料で利用することができるのです。

また、2012年シーズンにはジュニア・スポーツ振興DAYと同じ日程で、
付き添い者レッスン』も開催されます。

お父さんやお母さんでスキーやスノーボードが初心者であるということであれば、
子どもが楽しんでいる間に指導を受けることができます。

ちなみにスキーであればスキー板とブーツ、ストック、
スノーボードであればスノーボード板とブーツをレンタルで利用することができ、
ウエア一式も借りることができます。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。