札幌市ふれあいの森に憩う

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市清田区に、「札幌市ふれあいの森」があります
321.5mという標高がある白旗山のふもとにある「白旗山都市環境林」の一部であり、
120haの広さを持っています。

ミズナラやシラカバ林の中に遊歩道が作られていて散策することができるほか、
小川や湿地もあって野生の植物をいろいろと観察することができるようになっています。

白旗山に生息している野生植物の種類はかなり多く、
代表的なものとしてはエンレイソウやオオウバユリ、クルマユリ、
ツルアジサイなどが挙げられます。

園内には4つのコースがありクイズを解きながら回ることのできるコース、
バーベキューやクラフト体験の設備もあり、
自然とふれあいながら四季折々の景色を楽しむことができます。

毎週土曜日と日曜日には、午前中に「自然観察会」が実施されています。

事前申し込み制となっていて、
自然観察案内人に森のしくみや観察ポイントを教えてもらいながら、
散策することが可能です。

札幌市ふれあいの森は毎年4月下旬から11月上旬まで開園していますから、
残念ながら現在は冬期閉鎖中です。

ただし、同じ白旗山都市環境林内の「自然観察の森」では、
冬期でも自然観察を楽しむことができます

かんじきを履いてカラマツ林を散策すれば、
夏の森で見ることのできない野生動物に出会うこともあります。

白旗山森林活用センターではかんじきを貸し出していますから、
冬期間は自然観察の森もおすすめです。

↓初夏の札幌ふれあいの森 森林・セミの鳴き声・せせらぎなど 北海道札幌市

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。