札幌市厚別区の観光名所

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市厚別区は、平成の世になってから
白石区が分区するかたちで1989年に誕生しました。

入植が開始されたのは明治時代になってからで、
旭川方面まで行くことのできる国道12号線が開通したのは1889年のことです。

1973年に現在の新札幌駅が開業し、
1976年に白石を終点として開通していた札幌市営地下鉄の東西線が
1982年に新さっぽろまで延長されたこともあり、
周辺の発展は盛んになっていました。

 

『新札幌副都心』の名称で『サンピアザショッピングセンター』や
『札幌市青少年科学館』、『サンピアザ水族館』などを擁しています。

カクレクマノミ

サンピアザは1977年にオープンし現地の目玉となった施設であり、
開業の際には3,000人もの人たちが列をつくりました。

札幌市青少年科学館には北海道でも最大規模のプラネタリウムがあり、
またさまざまな科学現象を体感することができます。

隣接しているサンピアザ水族館は、札幌市でただひとつの水族館です。
都市型で規模は小さいものの、年中無休で気軽に立ち寄ることができます。

 

また、郊外の方へ向かうと
江別市、北広島市にもまたがる野幌森林公園が広がっています。
道立の自然公園であり、『北海道百年記念事業』ということで誕生したものです。

敷地内には『北海道百年記念塔』、『北海道開拓の村』、
『北海道開拓記念館』といった施設があり、
北海道のあゆみを知ることができます。

 

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。