札幌市時計台ではじめての年越し

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

中央区北1条西2丁目にあり、
札幌でも有名な観光スポットとなっている札幌市時計台において、
はじめての「年越し営業」が行われることになりました。

2014年12月31日、大みそかの午後11時から2015年1月1日の午前1時まで、
2時間にわたって臨時開館がなされるものです

時計台では毎時0分に時間と同じだけ鐘が鳴るため、
除夜の鐘のように108回が鳴るわけではありません。

ですが例年の大みそかには除夜の鐘にならって、
1月1日の午前0時に12回が鳴る鐘の音を聞こうとして、
市民のほか観光客も含めておよそ100人が集まってきています。

これまでは時計台をライトアップするといった演出が行われていただけでしたが、
やはり札幌で年末の深夜となるとかなり寒く暖も取ってもらいたいということで、
2014年4月から管理運営にあたっているエムエムエスマンションマネジメントサービスが、
サービスということではじめて企画しました。

200円の入場料は必要とされますが、特製クッキーやおみくじのプレゼントもあります

また入館した人のうち、その足で北海道神宮へ初詣へ行きたいという人に対しては、
午前0時30分ころに無料送迎バスも運行されます。

↓札幌市時計台の鐘の音

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。