札幌市民も愛する空沼岳

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00668

sm_00668

空沼岳は、定山渓温泉と支笏湖の間に位置していて標高が1,251mの山です。

山頂からの眺望がすばらしいだけでなく、
登山道中にふたつの神秘的な沼が見られるといったように、
変化に富んだ山歩きを楽しむことができることから、
市民にも愛されていて登山者がいつでもにぎわっています。

登山口までのアクセスは車が便利ですが、バスも利用することができます。
札幌芸術の森から旧真駒内スキー場の脇に入り、採石場の奥が登山口です。

前半は、万計沢川を流れる水の音や鳥のさえずりの声を楽しみながら、
針葉樹と広葉樹の森をゆるやかに上ります。

1時間半ほどで滝が見えてきて、その奥に現れる万計沼が大変ドラマチックです。

沼のほとりにはふたつの山小屋があり、そこで休憩することもできます。
さらに30分ほど進むと、もうひとつの神秘的な沼である真簾沼が見えてきます。

急な坂を登りつめると、札幌市内を一望することのできる山の稜線に出ることができます。
この稜線を伝い、ほどなく山頂へ到着します。

山頂からは恵庭岳、支笏湖、
羊蹄山などといった道央の地形や風景も楽しむことができます。

山頂付近からは札幌岳への縦走コースもあり、
さらに山歩きを楽しみたい人にもおすすめです。

往復でおよそ5時間半となる登山コースにはぬかるみもありますが、
山小屋もあり沼もあり、眺望もあるという「変化」が愛されています。

↓Nikon D90でステディカム撮影 「空沼岳」

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。