札幌市青少年科学館に北海道新幹線が登場?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市厚別区にある札幌市青少年科学館において2015年3月25日、
3階にある「交通・力学コーナー」がリニューアルオープンしました

コーナーの中では先端をいく技術や力学に関して、
基本的なことを楽しみながら学ぶことができるよう「海に、空に。」、
「街に、暮らしに。」、「より速く、もっと遠くに。」というように、
テーマ別の分類を設けました。

これまでも展示物として「札幌の地下鉄」などが人気となっていたことに加え、
何といっても今回のリニューアルで目玉となっているものは、
2016年3月から運行が開始される北海道新幹線の実物大モデルです

北海道内においてははじめて、常設展示されることになります。
先頭車両模型ということになりますが、大きさはH5系車両とほとんど同じです。

具体的には高さが2.75m、長さが8.7m、幅が3.36mとなっていて、
運転室の内部へも実際に入ることができるということで、
初日から多くの人が訪れています。

同時に春の特別展として「カラコロKARAKURI展~まわして始まる物語~」もスタートし、
からくり人形がどのように動くのかについてわかりやすく紹介されています。

2015年4月5日まで、
午前9時30分から午後4時30分にかけて2階の特別展示室で行われています。

↓札幌市青少年科学館 動画

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。