札幌観光の気温と服装(冬編)

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

北海道外から札幌観光に訪れる方にとって気になるのはやはり服装です。
一番気になる季節が冬という方が意外と多いです。

札幌 冬の公園

雪が降り始める11月から2月頃までが寒さの厳しい季節になります。

 

さっぽろ雪まつりなど屋外のイベントをメインに観光する方は、
みなさん厚手のコートやダウンはしっかりと準備してきます。

ところが屋外にいて意外と冷たく感じるのがコートから出ている足です。
コートやダウンは、出来れば丈の長いものがおすすめです。

さらに暖かいブーツがあるとかなり体感温度が違います。
そしてマフラーやネックウォーマー、
耳の隠れる帽子があるとさらに暖かいですよ。

顔が冷たくて我慢出来ないならマスクがお勧めです。
インフルエンザの予防にもなって一石二鳥かも知れません。

 

ただ、室内やお店の中は温度が高いです。
コートの中は分厚いニットなどを着込むより、
カーディガンなどを羽織る形にしてきましょう。

お店の中で暑かった場合もカーディガンを脱ぐだけで温度調整ができて便利ですよ。

脱いだあと荷物にならずに手軽です。
特に子どもの場合は、簡単に脱げる服がお勧めです。

 

北海道の雪は、気温が低いので基本的にサラサラしています。
そのため雪で傘を使う人はそう多くはありません。

さっぽろ雪まつりなど人混みの中を歩く場合は、
傘は邪魔になってしまいます。

雪道に慣れていない場合は、出来れば傘を持たず手が自由に使えた方が安全です。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。