梅が咲く前の平岡公園は?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
平岡公園

平岡公園

札幌市豊平区の住宅街にある平岡公園は、梅林が特に有名です。
6.5ヘクタールという敷地面積に、およそ1,200本にもなる梅の木が植栽されています。

梅の開花といえば、本州では2月頃からニュースも聞かれるようになりますが、
春が遅い北海道では5月の上旬頃となります。

大体同じ時期に桜と梅の咲く様子を目にすることができることも、北海道ならではです。
雪融けを迎えると、札幌ではいろいろな花が一斉に開花します。

平岡公園の最大の見どころは梅林ではありますが、
梅の花が咲く前の公園も実はなかなか魅力的です。

雪が残る公園内の湿地にミズバショウの花が咲くのは、4月中旬から5月上旬にかけてです。

また、僧侶が座禅を組んでいる姿に見えるという花弁の形をしているザゼンソウも、
4月には見ることができます。

さらに4月中旬以降になると、
北海道と本州でも北部の一部にしか生息していない、エゾノリュウキンカが開花します。

早春に公園を散策すればエゾアカガエルの卵があったり、
早咲きしているスイセンの花を楽しんだりすることも可能です。

観察会やフィールドワークなどといったように、
公園の自然にまつわる季節のイベントも多く行われていますから、
参加してみても良いでしょう。

梅の開花には少し早いと思っても、平岡公園には素敵な春の自然との出会いがあります。

↓平岡公園・梅林

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。