滝野すずらん丘陵公園が2013年二度目の臨時閉園

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

2013年9月23日に国営滝野すずらん丘陵公園の敷地内で、
ヒグマの足跡と糞のような痕跡が発見
されました。

それ以降、札幌開発建設部ではクマ出没対策会議が行われてきました。

国営滝野すずらん丘陵公園はこのことから10月17日まで、長期にわたって臨時閉園となり、
公園内で行われる予定だったすべてのイベントも中止されました。

度重なる会議と調査を経て安全が確認されたということで、
10月19日には開園されたのですが、10月28日になって、
監視カメラの画像に映っているクマが職員によって再度発見
されました。

そのため、国営滝野すずらん丘陵公園は再び臨時閉園になっています。

今回の閉園期間や今後の対策については、
関係行政機関や専門家が集まって公開で行われる対策会議で改めて話し合われます。

臨時閉園期間中に行われる予定になっていたイベントなどは、残念ながら中止になります。

国立滝野すずらん丘陵公園やその付近の札幌市南区一帯、手稲区、西区、
中央区の山沿いなどの一部は手つかずの自然に囲まれていて、
札幌市内であってもヒグマの目撃情報が多いエリアです。

該当地域や付近へ出かける場合には、公園や公共施設の閉園情報だけでなく、
クマへの対策や目撃情報なども事前に調べておくことをおすすめします。

↓滝野すずらん公園で、再びヒグマの足跡が見つかり閉鎖 2013/10/28

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。