滝野すずらん丘陵公園の「主役」は5月から6月で変わります

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00499

sm_00499

札幌市南区にある国営滝野すずらん丘陵公園は大変広く、
その400ヘクタールにもなる敷地では、さまざまな自然を目にすることができます。

季節ごとに主役の花が入れ替わるという「花のまきば」は、
丘陵に広がる花園のようになっていて、
常に季節の花が満開で見られる工夫がなされています。

5月はチューリップ、7月の主役はラベンダーです。
また、秋の公園も美しく、9月にはコスモスが満開になります。

6月の主役は、「カントリーハウス」の庭園にあるすずらんです。

カントリーハウスは、北方系の樹木を中心としてハンギングや花々のプランターなど、
北方圏ならではの景観を活かしてさまざまな種類の植物を展示しています。

北海道の庭造りを見て理解することもできます。

また、花壇の帯がつづれ織りのようになっている「歓迎の花壇」、
端正な花の庭園である「花のテラス」、斬新なガーデニングスタイルの「花人の隠れ家」、
ハーブを中心とした「くらしの花園」などといったように、
ユニークなネーミングでテーマを決めたガーデンを見て楽しむこともできます。

これらのガーデンが持っている共通のテーマは、
「花と緑のある北の暮らし」というものです。

積極的に北海道の気候と植生を活かしたガーデニングについて、紹介しています。

↓【FullHD】氷瀑・アシリベツの滝 – 札幌市滝野すずらん丘陵公園 2012

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。