真駒内公園の冬景色

札幌観光するなら札幌観光ナビ
真駒内公園

真駒内公園

緑に覆われた公園も美しいものですが、雪に覆われた公園を散策することにも、
一味違う楽しさがあります。

まして雪が降らない地方で暮らしている方には、
なかなか味わうことのできない貴重な体験となるのではないでしょうか。

北海道立真駒内公園は、札幌冬季オリンピックの際にメイン会場のひとつとなりました。

アイスアリーナでは全日本フィギュアスケート選手権が開かれるなど、
札幌ならではの施設のひとつでもあります。

園内には豊かな自然林が広がっていて、
2006年からはボランティアの方がコースを整備している歩くスキーコース、
ウォーキングコースがあり、冬でも散策を楽しむことができます。

北海道特有のパウダースノーを踏みしめながら歩くと、
雪景色で雪原にあるポプラやシラカバの並木、野鳥などを目にすることができます。

豊かな自然に、四季が移り変わる日本の美しさが改めて感じさせられるかもしれません。

そして園内では「歩くスキー教室」、道具の貸し出しなどもあって初心者の方も安心です。
最近は、スキーシューウォークのツアーなども企画されています。

真駒内公園は豊平川と真駒内川の合流点にあり、最寄り駅は地下鉄南北線の真駒内駅です。

札幌の中心部から温泉で有名な定山渓へ行く途中でもありますから、
温泉に行く道すがらで立ち寄っても良いかもしれません。

↓札幌真駒内公園風景

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。