空沼岳でハイキング

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

標高が1,251mという空沼岳は初心者にも登りやすく、
札幌市民だけでなく全国の登山客から親しまれています

夏には緑が美しく、冬にはスキー登山にも良いということで、
年間を通じて人が多く訪れている人気の高い山ですが、その理由はさまざまです。

景観の良さには定評があり、支笏洞爺国立公園に指定されていて山頂からは札幌市街、
恵庭岳、支笏湖、風不死岳、羊蹄山などを見渡すことができます

また周辺には空沼をはじめとして6つの沼があり、
コースとしても変化に富んでいます。

さらには札幌岳方面などへ続く縦走コースがあり、
周辺の山々にも続く「登山口」としての役割も果たしています。

手軽なハイキング先として札幌市街からも近く、
登山口からおよそ8kmにわたるゆるやかな登山道を歩けば、
3時間半ほどで頂上にたどり着くことができます。

その途中には、エゾシマリスなどの野生動物が生息するスポットもたくさんあります。

万計沼のほとりには山小屋があり、
避難小屋や休憩所として1年中利用することができます。

紅葉シーズンになると、真簾沼の湖畔に映る絵画のような風景も魅力であり、
ほど良く休憩することができる場所もあって初心者でも挑戦しやすくなっています。

↓Nikon D90でステディカム撮影 「空沼岳」

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。