第46回子どものための音楽会

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

本格的なホールで開催されるクラシック音楽のコンサートは、
なかなか小さな子どもを連れて出かけにくいものです。

そのような中で、ぜひとも子どもを連れて行きたいと思うことのできるコンサート企画が、
第46回こどものための音楽会」です。

雑誌である「婦人之友」の読者から生まれた「札幌友の会」は、
20代から90代までの主婦層を中心にして家計や食、子育てなどの勉強会を実施しています。

札幌友の会によって毎年行われている企画が「こどものための音楽会」であり、
小学1年生から入場することができます。

会場は世界的な公演も行われる札幌コンサートホールkitaraであり、
内容も本格的なプロによるオーケストラコンサートです。

今年は2014年4月4日にkitaraの大ホールで、
山形交響楽団音楽監督の飯森範親さんを指揮者として迎え、
札幌交響楽団による演奏で開催されます

ロイド=ウェバーの作曲による「オペラ座の怪人」組曲、
ブリテンの作曲による「青少年のための管弦楽入門」、
スメタナの作曲による連作交響詩の「我が祖国」から「モルダウ」といったように、
おなじみの楽曲が演奏されます。

子ども向けに楽器の紹介、特別なプログラムも用意されています。

チケットはkitaraチケットセンターや大丸藤井セントラルで発売されていて、
全席自由で2,000円の入場料となっています。

プロのオーケストラである札幌交響楽団のコンサートとしては、大変手軽な価格です。

↓Koussevitzky Concerto 3rd mov. Hiroyuki Yamazaki

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。