第65回さっぽろ雪まつりの開催前に会場を「先取り」できる?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

第65回さっぽろ雪まつりの会期は、2014年2月5日から2月11日までです。

各会場においては会期の直前まで雪像や氷像制作の仕上げ作業が行われていて、
設備の調整も進められています。

誰よりも早く雪像を見てみたい、人が少ないところで写真を撮影したいといったように、
雪まつりを待ちきれないという人には、
開催の前日である2月4日に大通公園へ出かけることをおすすめ
します。

「大通会場」となる大通公園では、会期の前日にはすべての雪像が完成している予定です。

お客さんを受け入れる準備も整えられていて、
午後10時まで夜間照明の試験点灯が行われるほか、売店での販売も行われます。

入場はもちろん無料であり、自由です。
つまり、本番と同じようにいち早く、雪まつりを先取りして見ることができるのです。

イベントなどは行われていませんが、人も少なくゆっくり雪像を見ることができます。

また、「すすきの会場」でも会期の3日前頃になると、
氷像の制作風景を見ることができます。

前日になれば、完成した氷像を間近で見ることも可能です。

ただ残念ながら、東区の「つどーむ会場」については屋内であるということもあり、
会期前に会場へ入ることができません。

↓準備中の雪祭り会場を見てきた!

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。