花フェスタ2013札幌で見られるさまざまな花のディスプレー

札幌観光するなら札幌観光ナビ
02

花フェスタ2013札幌」の大通西4丁目会場では、
第4回北海道農業高校生ガーデニングコンテスト」が行われています。

間口が6m、奥行きが3mというスペースで鉢花や造作物を用い、
農業高校生たちが創意工夫を凝らしたガーデニング作品を見ることができます。

今年は10の高校の作品を見ることができ、それぞれ個性豊かな作品がそろっています。

また、大通西5丁目の「蘭パビリオン」においては、
北海道内でもっとも権威のある蘭のコンテストである、
「北海道蘭大賞」の作品を見ることができます。

多く並んでいる蘭の見事なディスプレーには、思わず目も奪われます。

さらに「ハンギングバスケット」コーナーには、
日本ハンギングバスケット協会北海道支部による作品が多く並びます。

同じく西5丁目の「フラワーディスプレー」コーナーでも、
市民団体が制作している立体的な花のオブジェの展示が行われます。

今年は大森千穂子フラワーアカデミー、八紘学園北海道農業専門学校、
北海道芸術デザイン専門学校などの作品を見ることができます。

また、ディスプレーではありませんが、大通西6丁目会場の「フラワーステージ」では、
園芸教室や生け花のデモンストレーションも行われます。

舞台上に現れる花の作品も、見ごたえがあります。

↓札幌花フェスタ2012/Sapporo Hanafesta

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。