豊平峡でトレッキングから温泉まで

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_01656

sm_01656

豊平峡は札幌で秋に紅葉が見られる名所となっていて観光放流やレストハウスなどがあり、
周辺散策などの観光も大変な人気があります。

かつてはハイキングコースもあり、
下流から豊平峡を望む景色を楽しむことができたのですが、
近年は落石やヒグマの目撃情報などもあって閉鎖されています。

トレッキングスポットとしてのおすすめは、夕日岳です。

標高が594mであり、定山渓温泉街にある定山渓神社の登山口からは、
1時間ほどで山頂まで到達することができます。

見晴台からは定山渓温泉街の紅葉を見下ろすことができ、
そして遠くには札幌を取り囲む山々、
さらに天気が良ければ遠くの紅葉も満喫することができます。

余裕があれば下山してから定山渓温泉街を通って、
岩戸公園から登る朝日岳も良いでしょう。

標高が598mで、同じく山頂までは1時間ほどですが、
木々が立ち込んでいるため、あまり山登りに慣れていない人は少し大変かもしれません。

下山してから定山渓温泉でゆっくりして、北海道の旬の味覚を楽しんでも良いでしょう。
また、トレッキング後の温泉であれば、豊平峡温泉もおすすめです。

「やわらぎの里」では趣向を凝らした3つの露天風呂で、
紅葉に囲まれて源泉100%かけ流しのお湯を楽しむことができるほか、
ナンにこだわった本格インドカレーもひそかな人気になっています。

↓20120512 定山渓夕日岳 フラワートレッキングツアー

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。