豊平川沿いのサイクリング

札幌観光するなら札幌観光ナビ
4574506563_0b2cd8f4e2

4574506563_0b2cd8f4e2

豊平川右岸にある藻岩上の橋から環状北大橋までの河川敷には、
サイクリングロードが完備されています。

走りやすい快適なコースであり休憩所やテニスコートなどもあって、
子どもや家族連れであっても安心して楽しむことがっでき、
ファミリーサイクリングに最適なスポットです。

秋の豊平川でのサイクリングを強くおすすめする理由は、
鮭の遡上が見られる可能性もあるからです。

豊平川は石狩川の支流であるため、産卵のために鮭が遡上します。

例年遡上のピークは10月であり、幌平橋や南7条大橋などといった橋の上から、
遡上する鮭を見ることができる場合もあります。

また、川底に産卵床を発見することもできます。

サイクリングロードは全長がおよそ11kmであり、
自転車で走るだけであれば所要時間は50分ほどですが、周辺に観光施設も点在しています。

サイクリングロードからほど近い南区の真駒内公園内には「豊平川さけ科学館」があり、
1970年代の「カムバックサーモン運動」や札幌と鮭のかかわりについて、
学ぶことができます。

また、真駒内セキスイハイムアイスアリーナは1972年に札幌オリンピックが開催された際、
アイスホッケーやフィギュアスケートの会場になった場所であり、
聖火台や記念彫刻が残っています。

そして、幌平橋近くの中島公園は札幌市民にとって憩いのオアシスです。
天気が良ければ、芝生で昼食をとることもできます。

↓豊平川沿いのサイクリングロード

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。