赤れんが庁舎の建築物としての価値

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00109

sm_00109

「赤レンガ庁舎」こと北海道庁旧本庁舎は北海道らしい見た目、
四季折々の表情を見せる庭園が観光客から人気になっています。

この建物自体は、国の重要文化財にも指定されています。

1888年に建築されたアメリカ風ネオ・バロック洋式で煉瓦造の建築物であり、
建築資材のほとんどは、北海道内で当時生産されたものを使用しています。

明治42年には火災に遭って内部は焼失したのですが、
外壁は現在まで当時のままで残っています。

左右対称の建物の中央には八角塔があり、これは明治29年に一度撤去されました。
現在の八角塔は、北海道開拓100年を記念して昭和43年に復元されたものです。 

設計者である平井晴二郎さんはおもに鉄道建設をしていた人であり、
後に貴族院勅選議員となって鉄道院の発足を実現し、副総裁にまでなりました。

赤レンガ庁舎は内部も当時に近いかたちで保存されていて、
無料で入場することができます。

現在は観光案内所や北海道に関する資料室になっていて、
2階には「赤レンガ北方領土館」もあり、
北方領土に関する資料や返還要求に関する詳細を知ることができます。

そのほか、「樺太関係資料館」では北海道と縁が深い現サハリン、
南樺太についての資料が展示されています。

北海道の歴史ギャラリー」には北海道固有の動物なども展示されていて、
入館が無料であるにもかかわらず内容が深いことに驚くでしょう。

↓旧北海道庁2階

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。