農家の直営によるロンドンカフェの新店「THE BEST MUMMY」

札幌観光するなら札幌観光ナビ
02

札幌市中央区北3条西17丁目に、農家の直営によるロンドンカフェとして、
「THE BEST MUMMY」がオープンしました。

「北海道食材とイギリス料理のベストミックス」、
「農業の6次産業化」というテーマのもと、
チーフマネジャーである後藤亜弥華さんがロンドンで留学中に現地の文化に触れ、
家族と留学中に出会ったデザイナーらと協力して開店に至りました。

農業法人を設立して自社の農場で栽培した食材を使い、
さらに東京農業大学オホーツク実学センターなどの協力も得て、経営が行われています。

6次産業化プロジェクトとして東区にはおよそ6,000坪になる農場を持っていて、
5年後にはハーブ園としての開業も視野に入れているそうです。

「THE BEST MUMMY」で人気になっているメニューは、
サロマ漁協から仕入れた「ホタテのチャウダー」、
北海道産ライ麦パンのサンドイッチである「クラシックサンド」、
滝上町の井上牧場から仕入れた牛のローストビーフを使った「マミーのカリー」などです。

いずれも北海道の食材とイギリスの文化について、
同時に感じることのできるメニューとなっています。

日本とイギリス、北海道をつなぐ文化の架け橋になることも期待されているお店です。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。