1月の札幌観光に服装はどうする?

札幌観光するなら札幌観光ナビ

札幌の冬と一口に言っても、時期によって天気の傾向には変化があるものです。

観光客の方でも服装の判断にミスがあって、
ひどい目に遭ったことがあるというエピソードは少なくありません。

天気予報には、とにかくこまめに注目する必要があります。

直前まで大雪といったニュースが伝えられていたとしても、
いきなり晴れると一気に雪が融けて地面に埋まりやすくなってしまうといったことは、
考えられます。

近年のさっぽろ雪まつりでは、開催前の1月に雪不足が懸念されるという場合もあります。
そういったことも考え併せると、靴は丈の長いブーツをおすすめします。

ただ、その靴底に滑り止めの加工がなされていなければ、
滑って転んでしまう危険もあります。

また、気温がプラスになることはあるとしても、
朝や夕方以降には気温が下がって寒くなります。

肌着としてはヒートテックなどといった、温かいものを用意しておきたいところです。
上着はダウンジャケットであれば、ウエストまで丈のあるものが良いでしょう。

ただ、夜に外出する予定があるのであれば、
ロングコートにしておく方が無難かもしれません。

まとまった雪が降っているときには、傘がないと雪だるまになってしまいます。
とはいっても吹雪のときには、傘もまったく役に立たなくなります。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。