11月の札幌で見られる花

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌の11月といえば一気に冷え込みが厳しくなり、
雪も降り出して冬が実感される季節
になります。

美しかった紅葉も終わって、葉を落とした木々は雪囲いされて冬仕度が始まります。
花のシーズンも終わりを迎える時期であり、次第に花や草は枯れていく季節でもあります。

わずかに野辺にはセリやヒメマツムシソウ、リンドウ、シロガラシ、
白い綿帽子になったユウゼンギクなどといった山野草が見られる
といった具合です。

このようにすっかり冬模様となっている屋外ですが、屋内では札幌の秋の風物詩である、
「さっぽろ菊まつり」が開催される時期でもあります。

2013年は11月1日から4日まで、
札幌駅前通地下広場や札幌地下街オーロラタウンなどで開催されています。

菊の愛好家によって作られたすばらしい作品の展示や審査をはじめとして、
菊作りの初心者を対象にした菊の見方や作り方の解説コーナー、
生け花の展示などもあります。

各種のステージイベントに加えて、11月1日のオープニングセレモニーや11月4日には、
菊花のプレゼントもあります。

秋を代表する花である美しい菊の姿や香りを楽しんでみても、良いかもしれません。

さっぽろ菊まつりが終われば季節も冬を迎え、
今度は雪やイルミネーションなどが主役となって、光の輝くファンタジーの世界が、
札幌の街を彩るようになります。

↓地下に秋の彩り さっぽろ菊まつり(2012/10/31)北海道新聞

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。