2月の札幌観光におすすめの服装

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌の2月は、1年の中でもっとも寒さが厳しい時期であるともいうことができます。

2月の平均最高気温は0.1度であり、
最低気温はマイナス6.6度というデータからもわかるように、1日のほとんどが氷点下
です。

当然ながらダウンジャケットや手袋、マフラー、イヤーウォーマーなどといった防寒具が、
必要とされます。

しかしながら遠方から観光で冬の札幌を訪れて多くの人が驚くことは、
地元の人たちが案外薄着であるということです。

これは札幌の地下街やデパート、公共交通機関などといった屋内の施設ですと、
かなり強めに暖房が効いていることも多いということが理由です。

屋内で見かけられる人たちは薄着であり、おしゃれを楽しんでいる人も多いのです。

車で移動している人は外を歩きませんからコートさえ持っていないという人もいますが、
そのような人たちも屋外を出歩く場合には、しっかりコートを着ています。

屋内と屋外の気温差が30度以上になることもあるこの時期の札幌は、
汗をかき身体が冷えるといった繰り返しになり、
時に体温調節が難しくなることもあります。

外の気温に合わせ、脱ぎ着をしやすい重ね着スタイルがおすすめです。

また、街歩きをする場合には、
脱いだ服を入れることができるような大きめのかばんを持っていると便利です。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。