2013年「第60回さっぽろ夏まつり」の気になるビアガーデン

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_01058

sm_01058

2013年7月19日から、「第60回さっぽろ夏まつり」が始まります。
さっぽろ夏まつりでの楽しみは、何といっても「さっぽろ大通ビアガーデン」です。

大通公園西5丁目から西11丁目に多くのビアガーデンが登場し、
これは国内においても類のない規模のイベントです。

なんとおよそ13,000席もあり、
屋外で本場のビールとおいしい料理を楽しむことができるのです。

2013年の開催期間は8月15日までとなっていて、営業時間は午後9時までです。

大通西5丁目会場では、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」ガーデンが展開されます。

モルツに加えて幅広いメニューを楽しむことができ、
屋根つきの席もありますから雨が降っていても安心です。

6丁目はアサヒビールの「スーパードライビアパーク」で、
樽生ビールを堪能することができます。

7丁目はキリンビール「ヨロコビールガーデン」であり、やはり「一番搾り」が人気です。
そして8丁目は、北海道生まれの「サッポロビアガーデン」です。

10丁目広場にはギネス、リーベンブロイなどといったように、
世界のビールを味わうことのできるコーナーもあり、
札幌グランドホテルの厳選による料理メニューがそろっています。

11丁目では、札幌の姉妹都市であるミュンヘン市から贈られたマイバウムの下で、
ドイツビールやソーセージ、アイスバインなどを味わうことができます。

↓札幌夏祭り大通りビヤガーデン

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。