2013年さっぽろ旭山音楽祭の見どころ

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_02417

sm_02417

2013年7月26に、札幌市の旭山記念公園で「2013年さっぽろ旭山音楽祭」が行われます。

この音楽祭は1988年から続く市民参加型の音楽祭であり、
毎年プロの声楽家がゲストとして迎えられていて、
オーケストラと市民参加の合唱団がコラボレーションする手づくりの音楽祭です。

会場となる旭山記念公園は、
札幌の街をパノラマのように一望することのできるロケーション
であり、
その眺めと大自然をステージにして開催されているのです。

札幌有数のロマンチックな夜景と、コンサート後に行われる花火大会も、
見どころのひとつです。

2013年は指揮者に杉原直基さん、メゾソプラノ歌手の李娥景(リ・アギョン)さん、
テノール歌手の李在郁(リ・ジェイウック)さん、
サクソフォーンプレイヤーの田中靖人さん、
オーケストラの「HARUKA」をゲストに迎えています。

「復興 (Revival)-東北地方と日本の願い」と題して、
およそ300人からなる市民合唱団である「さっぽろ旭山音楽祭合唱団」と、
コラボレーションします。

第1部は「復興のきざし」のテーマで、合唱団が童謡を中心とした歌声を披露します。

第2部は「復興の足音」と題してサクソフォーンの独奏、
オペラ作品の「カヴァレリア・ルスチカーナ」で合唱団、
ゲスト演奏家とのコラボレーション、
そして第3部は「復興のひびき」のテーマで「慕情」や「メモリー」など、
親しみやすいポピュラー音楽が演奏されます。

↓旭山記念公園の音楽祭&豊平川河畔の花火大会

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。