2013年第22回YOSAKOIソーラン祭りのメインステージに登場が予想されるチームは?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_02384

sm_02384

第22回YOSAKOIソーラン祭りのメイン会場となる大通公園西8丁目のステージは、
開放的なデザインのオープンステージとなっています。

2013年は青緑をテーマ色として、
さわやかな初夏の札幌がイメージされる配色になっています。

各チームがこのステージで踊るのですが、
最終日に行われるファイナルステージは必見です。

一番の注目は、2012年に久し振りとなる「YOSAKOIソーラン大賞」を受賞した、
強豪チームの「平岸天神」です。

毎回、ファイナルまで勝ち残っています。

平岸天神は21回目の出場となる、札幌市豊平区のチームです。

これまでに大賞を8回、準大賞を7回受賞していて、
参加チームの中でも最多の記録となっています。

その実力から、祭りへの参加以外にも、全国各地のイベントから出演依頼を受けています。

2008年に洞爺湖で行われた第34回主要国首脳会議では、
各国の首脳に踊りを披露したことも知られています。

また、2012年に準大賞となった江別市民と北海道情報大学の学生グループである、
江別まっことえぇ&北海道情報大学」も、21回目の出場を誇っています。

2013年も、上位になると予想されています。

同じく、2012年の準大賞である「夢想漣えさし」は、
北海道枝幸町からの参加グループです。

第19回、第20回には「YOSAKOIソーラン大賞」を2年連続で獲得している強豪であり、
2013年の活躍も期待されています。

↓夢想漣えさし・2011YOSAKOIソーラン大賞受賞演舞

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。