2013年12月の札幌は史上もっとも雪が少なかった?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

今年度の札幌市の降雪量は今のところ、
平年並みかそれ以上程度
ということになっています。

しかしながら札幌管区気象台が計測している札幌市中央区の降雪記録によると、
月別の降雪量の記録では2013年12月の降雪量が101cmとなっていて、
これは12月の記録としては2010年の58cm以来という少ない数字
でした。

今年度に札幌市の手稲山で初冠雪を記録した日付は2013年10月17日であり、
これは平年より1日遅く、昨年より2日早い観測となりました。

一方、札幌市街地における初雪は2013年11月8日であり、
平年の10月28日より11日遅い記録となりました。

このように初雪自体も平年に比べて遅かったためか、
12月は中旬頃まで札幌市内でもほとんど積雪がなく、
累計降雪量が100cmを超えたのは12月末ごろでした。

平年であれば12月中旬頃、
大雪であった昨年度は12月11日前後には100cmを超えていたため、
今年度は雪が少ない冬になるのではないかとも思われるところがありました。

それでも1月に入ってから降雪量が増え続けていて、
現在では累計降雪量が平年を超える
というところにまでなっています。

積雪深についても増えてきたことで、さっぽろ雪まつりに使用する雪の心配も、
早い段階でなくなりました。

↓【車載動画】北海道(札幌)雪道ドライブ snow driving in Hokkaido(Sapporo)on 14th December 2013

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。