2014-2015年のスキーシーズンに札幌のスキー場は活況?

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

スキーシーズンも真っただ中という中ですが、このところ札幌周辺のスキー場では、
少子高齢化の影響などもあって客足が減少していました。

しかしながらそこへ外国人の利用者が増えてきていて、
各スキー場でも施設の増強などに力を入れています。

中央区のばんけいスキー場においては2015年1月24日に、
2014年6月から行われていた工事が完了し、
日本国内でも最長となる180mの全長を持つハーフパイプコースがオープンしました

国際スキー連盟の公認コースということで、
2016年のワールドカップや2017年の冬季アジア札幌大会では会場になることも、
決定しています。

また「ママ会プラン」として子育てをしているお母さんへ向けてリフト4時間券、
託児所ルームの利用、レストランのドリンク付スイーツをセットにしています。

手稲区のサッポロテイネスキー場では子ども向けに「恐竜キッズパーク」を設置していて、
恐竜の模型をそばにソリやチューブで滑って遊ぶことができます

それとともに親子連れを対象として、
3割を超える割引価格となっているリフト券も取り扱われています。

そのほか北広島市のダイナスティスキーリゾートへは、
大型ショッピングモールである三井アウトレットパーク札幌北広島から、
1日に8往復までの無料送迎バスが運行されています

↓ばんけいハーフパイプオープン

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。