8月の札幌で見られる花々

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00581

sm_00581

本州方面からはじめて札幌を訪れるという人は、花が咲く時期が違うということで、
驚く場合もかなり多いようです。

たとえば本州では梅雨の代名詞となっているアジサイですが、
北海道では8月までは咲いています。

アジサイを観賞するならば、
札幌市北区にある百合が原公園の「世界の庭園」がおすすめです。

札幌市の姉妹都市である中国の瀋陽市、ドイツのミュンヘン市、
アメリカのポートランド市と日本の札幌市というように、
各国のスタイルで作られている庭園をめぐる構成になっていて、
庭園を見てそれぞれのお国柄を楽しむことができます。

ちなみに百合が原公園は、その名のとおりユリの庭園にも定評があります。

「世界のユリ広場」では、
8月には豪華なカサブランカという種類のユリが咲き乱れるほかブラックビューティ、
内田かのこなどといった珍しい種類のユリも楽しむことができます。

また、札幌市手稲区にある前田森林公園でも、
アジサイや遅咲きのラベンダーなどを目にすることのできる場所があります。

野の花を楽しみたい場合には、藻岩山原始林がおすすめです。

8月には原始林の中にサワギキョウ、ツルリンドウ、オオウバユリなどを見つけながら、
自然を満喫することができます。

山や原始林に入らずに野草や高山植物を見ることができ、
そして庭園も楽しみたいという場合には、北海道大学の植物園も良いでしょう。

8月は園内でシュウメイギクやキキョウ、ムクゲなどが花を咲かせています。

↓百合が原公園 晩夏

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。