8月の札幌観光におすすめの服装

札幌観光するなら札幌観光ナビ
sm_00023

sm_00023

「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざがありますが、北海道の夏に関していえば、
「彼岸まで」ではなく「お盆まで」ということがずっと適切でした。

ここ数年は高温化が進んできているのですが、
8月中頃になると次第にひんやりとした空気に包まれるようになり、
秋の訪れを感じることができるようになっていたものです。

近年は全国的に彼岸を過ぎても暑いことがありますから、
札幌においてもお盆を過ぎて暑い日が増えてきています。

観光旅行の前には、天気予報などをしっかりチェックしましょう。

また、8月は日中と夜間の寒暖の差がもっとも大きい月であるほか、
初旬と下旬でもかなり気候が異なる傾向にあります。

8月初旬はまだ盛夏ですから、日中は真夏日を記録する日もあります。

本州の8月初旬を襲う猛暑を考えれば、30度程度で暑いうちに入らないかもしれませんが、
冷房が完備されていない施設も少なからずありますから半袖や夏物、サンダル、
扇子などは必携でしょう。

ただし、それでも夜は冷える日がありますから、薄手の長袖やカーディガンも必要です。
半袖の上に長袖を羽織るスタイルが便利であり、適しています。

また、山や水辺などへキャンプに出かける場合には、
夜間ですとウィンドブレーカーやジャンパーが必要になるほど寒いこともあります。

脱着することのできる服装に気を配りましょう。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。