NEW SANKO(さっぽろテレビ塔)

札幌観光するなら札幌観光ナビ

さっぽろテレビ塔に2009年7月、
レストランの『NEW SANKO』(ニュー三幸)が新規オープンしました。

お店は小樽市において1954年に創業した老舗の洋食店であり、
大通公園を見下ろすことのできるロケーションで
北海道産の食材を使ったこだわりのメニューが提供されています。

小樽本店において人気になっているメニューのほか、
札幌エリアの総料理長を務めている新谷亨之さんのアイデアによるメニューが
幅広くラインナップされています。

お店があるのはテレビ塔の3階ですが、
夏季には限定で1階の広場部分で『サッポロクラシックビヤガーデン』が
『大通ビヤガーデン1丁目会場』として開催されています。

北海道の限定ビールとして人気がある『サッポロクラシック』を味わうことができます。

また、午前11時30分から午後4時にかけて実施されている
ランチタイムサービスはおすすめです。

ランチタイムメニューを注文すると、100円を上乗せすることによって
ワンドリンクのほか、『本日のデザートプリン』がサービスされます。

このプリンが、実は自家製となっています。

しかも毎日同じものではなく、スタッフの方によって
味の違ったものが提供されています。

そして洋食屋さんの基本であるデミグラスソースももちろん自家製であり、
2週間をかけて仕込まれたソースが使用されています。

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。