SAPPORO CITY JAZZ2013の見どころ

札幌観光するなら札幌観光ナビ
2013

SAPPORO CITY JAZZは、「札幌がジャズの街になる」をテーマとして、
2007年に創設されたジャズフェスティバルであり、
日本においても最大規模のイベントです。

およそ2ヶ月にわたる会期の中でプロ、
アマチュアを合わせて350組を超える出演者が登場し、
多彩な演奏を楽しむことができます。

クラシックの国際教育音楽祭である「PMF」との連動ということでもより大規模になり、
札幌の夏を彩る音楽イベントとして、多くの札幌市民や観光客からも愛されています。

おもなライブ会場は大通公園2丁目に設置されている特設の会場であるのですが、
2013年からは「SAPPORO MUSIC TENT LIVE」として生まれ変わります。

「SAPPORO MUSIC TENT LIVE」では、
国内外のさまざまなアーティストによるステージプログラムが催されます。

音と映像、
さらにはオリジナルのレストランメニューも楽しむことのできる空間となります。

2013年6月26日に開催される、
JiLL-Decoy association & Jazztronik」のプレライブを皮切りにして、
国内外で活躍する数多くのジャズミュージシャンが迎えられます。

そのほか、芸術の森では「北海道グルーブキャンプ」が開催され、
バークリー音楽院から教授陣を招いてのジャズセミナーが行われます。

野外ステージやkitaraなどでもワンマンホールライブが行われ、
「摩天楼音食倶楽部」と称したホテル日航のディナーショー企画もあるなど、
期間中の札幌はあらゆる場所にジャズがあふれます。

↓7/5 SAPPORO MUSIC TENT LIVE出演の土屋アンナさんより北海道のファンの皆様にビデオメッセージが届きました!

ブログランキングの順位を記事更新の励みにしています。 応援ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ  

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。