内部

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市厚別区にある札幌市青少年科学館において2015年3月25日、 3階にある「交通・力学コーナー」がリニューアルオープンしました。 コーナーの中では先端をいく技術や力学に関して、 基本的なことを楽しみながら学ぶことがで …

no

札幌市営地下鉄の各駅においては事故を防止する目的で、 可動式ホーム柵の設置が進められています。 東区栄町から豊平区福住までを結んでいる東豊線においては、 2016年度に設置工事が行われる計画となっていて、そのタイミン…

no

北区北7条西7丁目にあり、 1880年に建築されてから当時の姿をそのままとどめている清華亭は、 明治天皇による北海道行幸が行われた際の休憩所でした。 札幌市内に開拓時代の建築物はいくつか残っていますが、 そのままの場所に …

no

PMFことパシフィック・ミュージック・フェスティバルが、 2014年で25周年という節目を迎えました。 20世紀を代表する指揮者、作曲家である故レナード・バーンスタインさんが、 札幌で国際教育音楽祭として創設したのは19 …

no

札幌市内を走る市電の停留所である「西線11条」から、 歩いて5分ほどの中央区南12条西12丁目にある日本福音ルーテル札幌教会は、 景観重要建造物として指定されています。 フィンランドの宣教師らによって80年前の1934年 …

no

札幌市中央区の電車通り沿いには、 市内において最古となる鉄筋コンクリート造りの事務所ビルがあります。 市電の中央区役所前駅と西15丁目駅の間にあたり、 四角くレトロな建物で「三誠ビル」といい、札幌景観資産にも選ば…

no

札幌市中央区伏見にある「札幌市水道記念館」は、 水道について入場無料で学ぶことのできる施設です。 藻岩山の山麓となる中央区伏見4丁目に位置していて、 建物の背後には緑の豊かな藻岩山があります。 前面には札幌の市街…

no

札幌市時計台は、札幌を代表する観光名所です。 ただ時計台の前で記念写真を撮影している観光客は多く見かけられるのですが、 内部の展示室や資料映像の詳細までをじっくり鑑賞する人は、それほど多くありません。 時計台…

no

札幌を代表する観光地のひとつである札幌市時計台。 1881年、明治14年に設置された時計ですが、現在も昼夜休みなく動き続けていて、 毎正時になると鐘の音が札幌の街中に響き渡ります。 観光に来た人は時計台の外観だけを写真に …

sm_00109

「赤レンガ庁舎」こと北海道庁旧本庁舎は北海道らしい見た目、 四季折々の表情を見せる庭園が観光客から人気になっています。 この建物自体は、国の重要文化財にも指定されています。 1888年に建築されたアメリカ風ネオ・バロ…