建築

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

2014年8月末にオープンした中央区北3条西3丁目の「赤レンガテラス」の5階に、 展望ギャラリーとして「テラス計画」があります。 屋内70平方メートル、屋外50平方メートルあるギャラリーの屋内部分では、 ギャラリースペー …

no

北区北7条西7丁目にあり、 1880年に建築されてから当時の姿をそのままとどめている清華亭は、 明治天皇による北海道行幸が行われた際の休憩所でした。 札幌市内に開拓時代の建築物はいくつか残っていますが、 そのままの場所に …

no

札幌市北区の北海道大学構内にある北海道大学総合博物館には、 大学が開校して以来収集、保管、研究されてきた貴重な標本や資料が展示されていて、 観光客からも人気のスポットになっています。 古代の哺乳類であるデスモ…

no

北海道開拓の村は野外博物館であり、42haという敷地全体に、 明治時代から昭和初期にかけて北海道で建築された建物が移築、復元、再現されています。 北海道開拓当時の生活を体感することができ、敷地内全体が展示場所です。 20 …

no

札幌市南区の石山地区で産出されていた札幌軟石は明治時代が採掘の最盛期であり、 札幌では主要な建造物の建築に使われていました。 しかしながらコンクリートなどが普及してくるにつれて徐々に衰退し、 現在は南区常盤に…

no

北星学園大学のキャンパスは、厚別区大谷地にあります。 大学院には3つの研究科があり、大学には3つの学部に8学科が設置されています。 短期大学部も含めると、およそ4,500人にもなる学生が学んでいる学校です。 その歴史は1 …

no

1871年に北海道開拓の顧問としてアメリカからケプロン師が招かれた際、 同行したワーフェルド・アンチッセル技師が札幌の石山地区で札幌軟石を発見しました。 札幌軟石はおよそ4万年前に噴火が起こった際、 降り積もって固まっ…

no

札幌市中央区の電車通り沿いには、 市内において最古となる鉄筋コンクリート造りの事務所ビルがあります。 市電の中央区役所前駅と西15丁目駅の間にあたり、 四角くレトロな建物で「三誠ビル」といい、札幌景観資産にも選ば…

sm_00109

「赤レンガ庁舎」こと北海道庁旧本庁舎は北海道らしい見た目、 四季折々の表情を見せる庭園が観光客から人気になっています。 この建物自体は、国の重要文化財にも指定されています。 1888年に建築されたアメリカ風ネオ・バロ…

sm_02328

「ろいず珈琲館 旧小熊邸」は藻岩山麓、ロープウェイ乗り場の近くにあります。 訪れた人はその美しさに思わず足を止め、お店に入ってみたくなるという喫茶店です。 田上義也さんの設計によって、 1927年に建築された邸宅でもあ…