明治天皇

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

札幌市中央区の中島公園にある豊平館は、1880年に建てられた国指定の重要文化財です。 白壁とウルトラマリンブルーの縁取りが印象的な建物であり、 当時では最先端の西洋技術を用いて建てられた西洋風のホテルとして、 明治天…

no

北区北7条西7丁目にあり、 1880年に建築されてから当時の姿をそのままとどめている清華亭は、 明治天皇による北海道行幸が行われた際の休憩所でした。 札幌市内に開拓時代の建築物はいくつか残っていますが、 そのままの場所に …

no

蝦夷地と呼ばれていた地域は日本の国土としてより明確にするために明治2年、 北海道と名づけられました。 明治天皇の詔によって明治2年9月1日に、東京で北海道鎮座神祭が斎行されました。 北海道の開拓や発展の守護神として大…

no

明治5年、1872年に6月15日を例祭とするという勅旨が出されてから、 北海道神宮例祭は今年で143回目を迎えます。 神輿の渡御は、 「御鳳輦を市中にお迎えしたい」という市民の願いから明治11年に始まりました。 それ以降 …

no

札幌市中央区の円山公園近くにある北海道神宮は、 国土や開拓、経営の神様や明治天皇が祀られている神社として有名ですが、 中央区南2条東1丁目に頓宮があることはあまり知られていません。 札幌市営地下鉄のバスセンター前…

no

札幌で年を越すならば札幌地元の神社へ初詣に出かけ、 札幌らしいお正月を過ごすこともおすすめです。 札幌でもっとも多くの参拝客が訪れているのは中央区にある北海道神宮であり、 北海道の開拓と発展の守護神として「大…

清華亭

札幌市北区北7条西7丁目にある清華亭は明治13年6月、 開拓使の貴賓接待所として建設されました。 翌年である明治14年には、明治天皇が行幸の際にご休憩されたという建物でもあります。 建築様式は米国風ですが、開拓使建築系列 …