生息

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

観光スポットとして人気が高い札幌市円山動物園の敷地内であらたに、 「アフリカゾーン」と呼ばれる施設が建設されています。 アフリカゾーンはその名のとおり、 アフリカのサバンナや水辺に生息している動物たちを中心に…

no

毎年秋口になると札幌市内を流れる豊平川ではサケが遡上していて、 圧巻の光景に足を止める観光客の姿も多く見られています。 札幌では都市化が進む中で河川の改修や水質の悪化が進んだ1950年代、 豊平川で生息していたサケが…

no

2014年12月21日に札幌市円山動物園で、 ホッキョクグマのララが双子のこぐまを出産しました。 ララはこれまでにも2003年にツヨシ、2005年にピリカ、2008年にイコロとキロル、 2010年にアイラ、2012年にポ …

no

北海道における空の玄関口である新千歳空港から札幌へ観光旅行の計画がある際、 その旅程に加えられることも多い千歳市花園の「千歳サケのふるさと館」。 淡水魚水族館であり、 北海道ならではというサケの成長に合わせた…

no

札幌市において2004年に、「札幌の景観色70色」というものが制定されました。 札幌の風土と建物の色を合わせることによって、 街並みに統一感を持たせようということから考案されたものであり、 政令市においても見られないユニ …

no

札幌市西区琴似にある三角山は、標高が311mという小さな山です。 琴似駅付近からでも山側へ向かうと、住宅街の奥に三角形の山が見えます。 三角山は札幌市民にとって身近な山であり、 学校の遠足や幼稚園のハイキングなどでも…

no

札幌市北区の北海道大学構内にある北海道大学総合博物館には、 大学が開校して以来収集、保管、研究されてきた貴重な標本や資料が展示されていて、 観光客からも人気のスポットになっています。 古代の哺乳類であるデスモ…

no

千歳市にある支笏湖の湖畔では、 「支笏湖ビジターセンター」において湖を訪れる人たちに自然に親しんでもらうために、 展示が行われています。 支笏湖周辺を産地とする自然素材の太陽光発電が行われていて、 ヒートチュー…

no

札幌円山動物園は生息環境展示が特徴となっていて、 生息地の自然環境を再現することで、動物本来の行動が引き出されています。 そのため、動物たちが生き生きとしていて魅力になっています。 さまざまな施設がある中で、 …

no

札幌市清田区に、「札幌市ふれあいの森」があります。 321.5mという標高がある白旗山のふもとにある「白旗山都市環境林」の一部であり、 120haの広さを持っています。 ミズナラやシラカバ林の中に遊歩道が作られていて散策 …