開拓

札幌観光するなら札幌観光ナビ
no

蝦夷地と呼ばれていた地域は日本の国土としてより明確にするために明治2年、 北海道と名づけられました。 明治天皇の詔によって明治2年9月1日に、東京で北海道鎮座神祭が斎行されました。 北海道の開拓や発展の守護神として大…

no

札幌市では、 「札幌の歴史的建造物を旅する「れきけん×ぽろたび」」と題したAndroid用アプリ、 iBooks用電子書籍を公開しています。 「れきけん」とは歴史的建造物の略であり、 札幌市内にある48の歴史的建造物を紹 …

no

札幌市には厚別区があるのですが、「厚別神社」は厚別区ではなく、 清田区で清田区役所の裏にあります。 読み方は、「あしりべつじんじゃ」といいます。 「あしりべつ」という名称はアイヌ語の「アシリベツ」という単語に…

no

札幌市では「ビールのまちさっぽろ」プロジェクトを立ち上げていて、 ビールで札幌市のまちづくり、産業を盛り上げていこうという試みが行われています。 「ビールのまちさっぽろ」とは、 札幌が日本人によってはじめて本…

no

札幌市厚別区にある北海道開拓の村では、 明治時代から昭和初期にかけて北海道内に建てられた建造物を移築復元しています。 開拓期からの歴史を学ぶことができ、国内においても最大級の規模を誇る野外博物館です。 1983年にオ…

no

札幌市時計台は、札幌を代表する観光名所です。 ただ時計台の前で記念写真を撮影している観光客は多く見かけられるのですが、 内部の展示室や資料映像の詳細までをじっくり鑑賞する人は、それほど多くありません。 時計台…

no

札幌市中央区の円山公園近くにある北海道神宮は、 国土や開拓、経営の神様や明治天皇が祀られている神社として有名ですが、 中央区南2条東1丁目に頓宮があることはあまり知られていません。 札幌市営地下鉄のバスセンター前…

no

2013年11月に札幌市と鹿児島市は、「観光・文化交流協定」を締結しました。 これはお互いの都市が文化や観光といった面で連携し、 それぞれの発展につなげていこうという趣旨の協定です。 日本の北と南にある拠点都市が連携する …

no

札幌で年を越すならば札幌地元の神社へ初詣に出かけ、 札幌らしいお正月を過ごすこともおすすめです。 札幌でもっとも多くの参拝客が訪れているのは中央区にある北海道神宮であり、 北海道の開拓と発展の守護神として「大…

no

札幌中心部のシンボルであり、代表的な観光名所でもある大通公園は、 大通西1丁目から大通西12丁目までのよそ1.5Kmという長さにわたっていて、 面積はおよそ7.8ヘクタールという公園です。 「ライラックまつり」や「YOS …